プロフィール

どんなに後悔しても過去は変えられない

恋愛
スポンサーリンク

忘れたい過去は誰にでもある

忘れたい過去。
できるものなら消してしまいたい過去。
誰にでも1つや2つはあるのではないでしょうか。
もちろん私にだってあります。
なぜあんなことをしてしまったのか。
どうしてあんなことを言ってしまったのか。

どんなに後悔していることか。
だけど消せない。どんなに後悔しても
過去を消すことはできないのです。
過去は完了しています。

自分が望まなければ、決して繰り返すことはない。
このパターンあの時と同じだ。
うまくいかないときのパターンだ!
もしそう感じることがあったとしたら
同じパターンを創り出しているのは
あなた自身です。
あなた自身の思考がそれを引き寄せているのです。
ではどうするのか。
今までの自分と違う選択をしてみる。
同じ反応をするから同じ出来事が起きているように
感じるのです。
原則として過去が繰り返すことはあり得ない。
すべては自分自身が創り出している現実に
過ぎないのです。

自動的に反応しない

何か目の前で出来事があったときの
自分の反応の特徴ってあると思います。
嬉しいとき、悲しいとき、うまくいかないとき。
それぞれの行動のパターンや口癖があるのでは
ないでしょうか。
これが自動反応と呼ばれるものです。
もしあなたが過去と違う結果を得たいのであれば、
この自動反応を変えることです。
うまくいかないときにすぐに反応しない。
一度深呼吸をする。
スペースをとる

そして今までとは違う言葉を口にする。
違う行動をしてみる。
主体的に行動してみる。
何も考えずに自動反応に流されるのは
自分で起こした行動であっても自分が
選んでコントロールしているわけではありません。
コントロールされているのです。
スペースを取る習慣を
作りましょう。

過去の犠牲にはならない

過去のトラウマ。
苦しかったこと、思い出して今でも
涙が出るような出来事。
辛い過去、口に出さないだけでみんな
たくさんの思いを背負って生きているのだと
感じます。

過去のことなのに、とても後悔して忘れたいのに
今でも許してもらえないこともあるかもしれません。
過去のことで周りに誤解されることだって
あるのかもしれません。
私にはあります。

でもだからと言って過去は過去。
変えることなんてできません。
ではどうするのか。
今いる大事な人に償っていく。
言葉で、行動で償っていく。
あの時後悔していることがあるのなら、
本当はしたかった最善の方法で力になればいい。
過去は変えられない。
でも過去に囚われ、奴隷になる必要なんて
ないのです。

今日から自由になる

過去は過ぎたこと
あなたが望まなければ決して
繰り返すことはありません。
未来もまた、わからない。
あるのは今だけです。
今この瞬間だけが現実です。
過去に何があっても今のあなたは
自由に選べます。

そしてこの今がいつかまた過去になっていく。
その時にまた同じ思いをしないように、
今ある現実を受け入れ、精一杯生きる。
大切なものを大切にする。
笑顔でいる。
そして自分自身を受け入れる。

まとめ

過去を悔やんだとしてもそれは
自分自身が最善と考え、選択した結果です。
人間はみな間違う。
でもみんな必死に生きています。
悪気なんてきっとなかった。

結果、誰かを傷つけることだってきっとあった。
でもどうか自分を責めないでください。
自分自身を認めてあげてください。

たまにはよく頑張っている自分を
自分で抱きしめてあげてください。
大丈夫。きっと明日からは
楽しいことしか起きません。
自分の人生を信じましょう。

コメント