プロフィール

シングルマザーと既婚者の恋愛

恋愛
スポンサーリンク

わかっていても気持ちは止められない

誰かを好きになる気持ちをコントロール
できたら、誰だってきっともっと上手に生きていける。

そんなことがもしできるのなら。
既婚者を本気で愛して苦しんだり、
叶わない恋に泣いたりする人もきっといない。


感情をコントロールし、周りから見たら上手に生きているように見えることが、
イコール幸せとは限らない。

人生は一度きりで。
時間は常に一方通行に流れていて、
人生とは選択の連続。

今この瞬間さえも、無意識にしていてもみんなそれぞれが何かを
選んで生きている。

私は、離婚して10年以上が経ちました。

ずっと探しています。
一生にたった1人の相手を。

程々でいいやと思えれば、再婚していたのかもしれません。

条件や、今、自分が置かれている状況の改善を優先順位高く持っていたら
きっと再婚していた。

でもできなかった。
出会えるかもしれない。何度諦めようとしてもその思いを諦められず、
程々で手を打つこともできなくて、今日も変わらずシングルマザーのままです笑


誰とどこで生きるのか。妥協なんてできない。
最愛の相手。出会えるかもしれない。

自分の中で納得するまで信じていようと思います。

出来事や状況に振り回されない

大好きになった相手が妻子ある人だった。

いいなと思う相手と出会えば、確認しなくても相手は独身。
若い頃は当然それが当たり前。

だけどアラフォーの今は違う。

いいなと思っても相手には家庭がある。
何か背負っているものがある。
独身を引き当てることが奇跡です。


そして家庭がある男性ほど積極的。

彼らは「帰れる場所」という保険に入っている。

シングルマザーだけではなく友達の話を聞いていても、相手は既婚者。
そんな恋愛をしている人も珍しくありません。

同時に、相手と一緒になるために離婚した。
そんな男性も割といます。

本気で相手を愛し、パートナーになりたいと望む人は離婚するんだ。
そう感じています。お

誰だって居心地の良い相手と一緒にいたい

結婚したらもう安心。
家族のためにひたすら働くことが夫の
役割でありそれは周りもやっているので当然のこと。
そう思い込んだ瞬間から終わりは始まるのかもしれません。

誰だって感謝してもらったら嬉しい。
感謝を伝え合えたら 幸せ。
義務を果たすために結婚したのではないのだということ。
忘れずにいたい。


シングルマザーの最大の経験は離婚。
離婚という経験は、痛みと同時に多くの原理原則を学ぶ機会。

結婚生活のリハーサルをできたとでもいえるでしょうか。
あの時こうすればよかった、を次に生かせるのです。

時には母親、時には父親。
どちらの立場もわかるシングルマザーという経験。
男性にとっては居心地が良いのかもしれませんね。

足るを知る

既婚者を好きになってしまったら。

連絡がない時間、週末、帰りの時間に不安になる。


想像するのはネガティブなことばかり。

心が壊れそうになったり
不安に圧し潰されそうになる。

信じるものはお互いの気持ちだけ。

もしもあなたが試練を受け入れ、相手と一緒になりたいのなら。
感情的に責めてはいけません。

一度言葉にしてしまったら止まらなくなる。
相手も罪悪感はあるので関係が気まずくなっていく。

我慢ができなくなっtら、感情をぶつけてしまう前に思い出そう。

男性が自分のために使ってくれた時間。
睡眠時間を削って少しでも会いに来てくれたこと。

苦しい思いなんて誰だってしたくない。
でも、この苦しみを抱えてまで一緒にいたいと思える相手に出逢えたことは当たり前ではない、幸せなことなんじゃないかな。

苦しいときの自分の在り方が未来への道をつくる。

あるもの、大切な人への感謝。
苦しみと入れ替え、思い出す時間にできたなら。

未来はここから繋がっていくのだと思います。

叶いにくい恋だから好きと感じることもある

渦中にいると盛り上がっていて、冷静さを欠くことは誰にでもあります。

手に入らないから燃える。
あると思います。

恋愛関係でいられたら満足なのか、パートナーになりたいのか。
相手は同じ気持ちでいるのか。

見えないものをどれだけ強くお互いが信じていけるのかにかかっている関係です。

話す、伝える、大切さを行動で言葉で伝え続ける。

未来はその先にある。

コメント