プロフィール

理想の相手とは何人目で出会うのか

恋愛
スポンサーリンク

自分にとってベストな相手と巡り合いたい

幸せとは人生にとって大きなテーマです。
イケメンだけど収入的にはちょっと低い男性。
顔は普通だけど高収入の男性。
合コンで競争率が高いのは、顔は普通でも
大企業に勤めていている男性だったりします。
では、お金さえあれば人生は幸せになれるのか。
確かに周りを見渡してみると、大企業にお勤めの
旦那さんと結婚した友達は、素敵な家に
住んでいたり、旅行にもたくさん行ったりしています。
アンケート調査でも、所得の多い人ほど幸福である
という結果が出ているようです。
しかし、所得が低い層では所得と幸福度は
比例して上がるけれど、700万円以上になると
その伸びはストップし、幸福度が高まることは
なかったとのことです。

お見合いや紹介では何人目が狙い目なのか

例えば10人の人と会う場合、何人目に
出会う人が私にとって、いいなと思える
相手の可能性が高いのか。
もちろん一人目で出会える人も
いるでしょうし、そうだったら最高だなと
思います。
「この人いいな。でもこの後にもっといい相手
がいるかもしれない。」
このように考えることありますよね。
では勝負時は何人目なのでしょうか。
実は、経済学的に出た答えは4人目とのことです。
もちろんすべて、確率どおりうまくいくとは
限りませんが。
4人目に出会った人がベストである確率は
36.8%。
出会う相手が10人ではなくても、最初の
36.8%を見送り、その後に出会う人の中から
探すと、理想の相手に出会える可能性が
高まるようです。

運命の相手と出会ったらわかるものなのか

よく運命の相手と出会ったらわかるものだよ。
とか、ビビビときたなんて聞きます。
結婚して何年経っても仲良くしている
夫婦と話していて共通しているのは
出会ってから結婚を決める期間が割と短い
ということです。
今までの相手とは何かが違うと思った。とも
言っていました。
とにかく居心地がいい。
ありのままの自分でいられる。
でも揺さぶられるような感情があった。
ずっと一緒にいるんだろうなと冷静に
感じたとも言っていました。
やっぱり直感てあるよねと私自身感じます。

まとめ

条件で選んでも、もちろん幸せになれると
思います。
すべては自分自身の選択です。
どんな結婚生活を送りたいのか。
相手との時間を大切にしたいのか。
それともある程度豊かな暮らしを提供して
くれる人が理想なのか。
自分自身の求める生活が明確にすれば
するほど、理想の人物像がはっきりしてきます。
はっきり決まったらあとは探すだけ。
一度の人生、誰と過ごしたいのか、
生きていきたいのか。
後悔しない選択をしていけたら幸せです。

 

コメント