プロフィール

欲しいものは欲しいと言葉にする

離婚
スポンサーリンク

みんな願望を実現したいに決まっている

子どもはみんな、将来の夢を
口にします。それを聞いて大人は
喜びます。
ではなぜ大人になると夢を口にしなく
なるのでしょうか。
まるで口にしてはいけないような空気感さえ
あります。子どもの頃、自分はこれに
なりたかったと言って笑い合ったりする。
でもよく考えるとこれって不思議。
今からでは遅いのでしょうか。
確かに今からドクターや弁護士を目指すことは
きついかなとは思います。
でも私たちはいつから、できないと
諦めたのでしょうか。
またそれは、誰かに無理だと言われたから
なのでしょうか。

その夢は自分が勝手に諦めただけ

結果を見たら、その人の思いの
強さがわかると教わりました。
何がなんでも諦められない夢であれば
どんなに失敗しても、手に入るまで
続けるのだと思います。
昔話で笑い話にした夢は、そこまで欲しかった
ものではないのかもしれません。
なんかすごく高い車に乗っている人。
恐らく本気でその車が欲しくて欲しくて
願望に入れてきたのだなと感じます。
ベンツに乗りたいと言いながら、全然
違う車に乗り続ける人。
実はそこまで欲しくないのだなと私は
解釈します。

自分の夢を口に出してみよう

夢を語るのは楽しいです。
誰か自分以外の人の夢を聞くことも
とても楽しいです。
だってみんなすごく素敵な顔をするから。
こんなことを言うのは馬鹿げてる。
誰かに言われたのでしょうか。
違いますよね。
そこにストップをかけているのは
自分自身。大人になると、失うことに
対してものすごく恐怖を感じるように
なるのかもしれません。
家族や特に自分の親に無理だと言われると
ダメージは強かったりします。
でも一番怖いのは、自分で自分には
無理だと思ってしまうこと。
自分自身で思い込んでしまったら
その夢は本当に実現不可能になります。

人間の脳は思い描いたイメージを実現しようとする

人間の脳は、現実で見ているものと
頭の中でイメージしているものとの
区別がつきません。
ということは、イメージしたもの勝ちです。
できるできないではなく、あなたがいちばん
手にしたいものはなんですか?
本当にしたいことはなんですか?
失敗しないとしたら、本当はどうしたいですか?
やってみないと結果はわからないです。
1日は24時間しかない。
人生の時間は限られています。
自分の願望を実現してしている人と
していない人の差。
それはもしかしたら、行動したのか、しなかったかの
差でしかないのかもしれません。
いつか人生は終わります。
失敗しても、それは1つのやり方がうまく
いかなかっただけです。
次の方法を探しましょう。

まとめ

私の願望は、一番好きな人と
好きな仲間と好きな場所で、好きなものに
囲まれて暮らすということです。
限られた時間を大切な人と大切なことの
ために使っていきたいです。
思っているだけでは伝わらない。
思っているだけで行動しないのであれば
それはないたものと同じだと思っています。
たった1つの行動が未来を変えることだって
あります。
でもそのきっかけとなる出来事や行動は
結果が出た後にしか気づくことはできない
のかもしれません。
もし毎日がワクワクで溢れたら最高ですよね。
常に心に好奇心を持ち続ける。
そしていくつになっても自分の夢を追いかけられる
大人でいたいです。

 

 

 

コメント