プロフィール

最近よく聞くiDeCoって何?

お金
スポンサーリンク

確定拠出年金iDeCo

中小企業の多くの従業員の4人に1人は
退職金無しがスタンダードになりつつ
あります。
もらえても年々減っている状況です。
10年前に比べて300万ほどの減少傾向です。
つまり退職金頼みの将来のライフプランは
もう成り立たないということです。
金融機関にお金を預けておけば自動的に
増やしてもらえる時代にいた親の価値観と
同じでは老後破綻する可能性が高いです。
金利0%時代の今、日本で貯金で増やすは
ほぼ不可能に。

自分のリスク許容度を知ることから始める

よく、どの商品がいいの?とか、
何か良い商品や話はないかと聞かれますが、
人それぞれ違うということです。
いつまでにいくら欲しいのか。
リスクを取ってでも積極的な運用を
目指すのか、リターンよりも元本保証が
大切なのか。
運用期間はどのくらいあるのか。
などなど、自分に合った条件をまず
考えることが大切です。

確定拠出年金iDeCoのメリットデメリット

確定拠出年金の対象者は、60歳以下の
ほぼ全員です。
ただし国民年金を支払っていない人は
加入できません。
公務員も主婦も加入の対象です。
自分の年金を作ろうという制度です。

・毎月5000円から始められる。
・転職しても持ち運べる。
・60歳まで受取れないので引き出せない貯金になる。

ただし10年以上の加入期間が必要なので
50歳を過ぎて加入するときは注意が必要です。
加入時と毎月の手数料がかかります。

運用しているときも受取るときも、そして
拠出するときも税制上のメリットがあります。
運用時はどれだけ利益が出ても非課税。
NISAは投資期間、投資枠に上限があるのに対して
確定拠出年金はありません。

受取時のメリットは大きいです。
退職所得控除と、公的年金控除を
使えるので、税金を支払うことなく
受取れる人もいます。

まとめ

私たちがリタイアする頃、
もう公的年金だけでは生活できません。
なんだかんだで、でも頼りにしている。
不安になるから老後のことは
考えたくない。
老後破綻します。
公的年金は最低25年以上の納付が
受給の条件です。
収入と貯蓄、支出のコントロール。
貯蓄する割合、金額をあらかじめ設定し、
残りで生活するようにしましょう。
夫婦共働きで、収入の20%を貯蓄できたら
安心の老後を送れます。
子どもがいるいないなど各自の
ライフスタイルに合ったプランを考え、
計画的にバランスの変化に対応していきたいですよね。

 

 

コメント