プロフィール

人と比べるから苦しくなる

離婚
スポンサーリンク

周りのみんなが幸せそうに見える

シングルマザーになりたての頃、
周りが羨ましくて、買い物に行くのも
辛かったです。
競馬関係の仕事をしていたので、それまでは
土日は出かけることはなく、休みは月曜
でした。
離婚して、土日休みの仕事に就くようになって
びっくりしました。
それは、土日の家族連れの多さ。
みんな当り前のように一緒に出かけているんですよね。
あまり休みのない世界にいたので、こんな普通の
景色にただただ驚きました。
もしかして、離婚なんてして一人なのは自分だけ
なのでは・・・
そんな気がして落ち込みました。
周りはみんな幸せ。
みんなが当たり前に手にしているものが
なぜ私にはないのだろう。
なぜ私はいつも物事うまくいかないのだろう。
そんなマイナスの思考から抜け出せずに
苦しんでいました。

うまくいっていないぞというメッセージに気付こう

あの頃は良かった。とか、過去や周りが
気になるときは、うまくいっていないぞ
というメッセージが隠れていることを
知りました。
過去はもう終わった話。
たまに、これはいつも、なんとかがこうなって
失敗するパターンだとか言いながら
本当に同じ失敗などを繰り返す方を
目にします。
物理的にありえない。
過去の同じようなパターンを繰り返す
のなら、それは自分自身が引き寄せているのだと
思います。
何かが起きたとき、それは本当に事件なのか。
出来事はいつもフラット
私たちが意味づけをし、そこにストーリーを
作っているのです。
何か大きなことが起きたときは必ずその裏に、
奥にメッセージが隠されている。
よく見ないと気付かない。
よく考えないと気づかない。
でも必ず隠されています。

人と比べない

人と比べるから苦しくなる。
自分が持っていないものを数える
から悲しくなる。
本当はあなたはたくさんのものを
持っているはずです。
あなたにしかないものあるはずです。
持っているものを数えましょう。
成長のスピードは人それぞれ違います。
そのスピードは自分自身にだって
わからないです。
手に入れる順番やスピードも
人それぞれです。
人は人。自分は自分。
よく聞くこの言葉を、完全に自分の
ものにできたとき、ものすごくラクになります。

まとめ

離婚がなかったら、間違いなく
今の私はいなかったです。
シングルマザーにならなかったら
今あるものに感謝することはなかったです。
旦那がいるのが当たり前。
子どもがいるのが当たり前。
休みの日に家族で過ごせるのも当たり前。
周りもみんなやっているのだから、
こんなことは当り前なのだろうと
考えていた気がします。
人の痛みや苦しみ、実は知る機会って
そんなにはないのかもしれません。
私は手放したものも多いけど、手に入れた
ものの方が多いです。
そして、どんなときよりも今がいちばん
幸せです。

コメント