プロフィール

その気持ちは執着なのか愛着なのか

離婚
スポンサーリンク

許せないという気持ち

私自身、離婚するときに心底感じたことは、
男っていいな・・です。
私は離婚して、住む場所もなくなるのに。
この人は何も変わらない。
私は仕事も環境も全て失うのに、
この人は何も失わない。
なんで私ばかりがこんな目に遭わなければ
ならないのか。
無責任すぎると思わないのだろうか。
人の人生をなんだと思っているのだろう。
結婚しなければ、私は大好きな仕事を
やれていたのに。
なぜこんな目に遭ってしまったのか。
悔しい。悲しい。
これから先どうやって生きていけば
いいんだろう。
こんなはずじゃなかった・・・

執着していると苦しむのは自分

相手のせいにして被害者でいることは
そのときその瞬間はラクです。
周りは同情してくれる。
慰めてくれる。
しかし、周りはそんなに暇ではありません。
ずっとは聞いてくれなくなります。
そうなったときに、また新しく
聞いてくれる人を探すことになります。
そして自分より不幸な体験談を聞いて
安心するようになります。
でもその人だって四六時中そばにはいて
くれません。
誰かに聞いてもらっているときだけが
満たされる。自分を肯定してもらえるので
安心する。
誰か聞いて。誰かそばにいて。誰か助けて。
そう。完璧な依存です。
そして被害者。
私は、誰かに言われたわけでもなく、
自分の意志で結婚し、自分の意志で
離婚したのに。

誰のために許すのか

許せない、と思っているうちは
あなたの人生は始まりません。
あんな思いをしたのに許すことはできないと
思うかもしれません。ではなんのために誰のために許す
必要があるのでしょうか。
それはあなたのためです。
別れた旦那のためではありません。
あなたが自分の人生を生きるために
前に進むために、そして幸せになるために
許す、ということです。
いきなり感謝するところまではなかなか
いけなくても、許す。
その両手で抱えている執着を手放す。
両手が自由になれば、新しいものを受け止め
られます。

いちばん手にしたいものは何?口に出そう!

あなたが一番、これさえあればもう最高!と
心から思えるものはなんですか?
人、物、お金、なんでもいいです。
イメージしたものから手に入っていく。
イメージできるものはなんでも叶う。
だからどんどんイメージしましょう。
曖昧なイメージからは曖昧なものしか
生まれません。
リアルならリアルな程叶えられるという
ことです。
欲しいもの、叶えたい夢を書き出したり、
話したりすることは楽しいですよね。
できるできないではなく、やりたいかやりたく
ないかで決めましょう。

まとめ

人生は一度だけです。
何も決めずに、特に何も求めずに生きて
いくのも1回。
精一杯何かを求めていきるのも1回です。
自分の人生を自分自身でコントロールして
生きていくほうが自分に合っているのか。
他人のコントロール下で生きていくことが
合っているのか、選ぶのはあなた自身です。
自分で人生をコントロールすると決めたら
もう誰のせいにもできません。
保障もありません。
どちらも間違っていない、どちらも正しいです。
あなた自身が何を選ぶか、どっちが良いか、
というだけの話です。
みんな幸せになりたくて生きています。
その時最善と考える選択をして今日まで
生きてきているはずです。
だから何も間違っていないと思います。
後悔する必要もないです。
もし何かを変えたいと思うのなら、
今この瞬間からすべてを選んでいける。
すべてを変えていける。
今がどんな状況であったとしても、
あなたは自分で思うよりもずっと自由なのです。

 

コメント