プロフィール

寂しくて不安で孤独を感じる理由

今日感じたこと
スポンサーリンク

過去のとても幸せな経験から来る孤独

私はシングルマザー歴10年です。
もちろんこの環境にとても幸せを感じる
ことは沢山あります。
だけど、どうしようもなく不安で孤独で
眠れなくなることもあります。

私はこのままずっと独りなのではないか。
娘も、成長とともに一緒にいる時間は
減り、今は順調に反抗期です。

寂しい寂しい寂しい。
誰かにずっとそばにいて欲しい。
でも当然、誰でも良いわけではなく
愛し愛される人が良いので、今日もまた
独りで眠るわけです。

この寂しさはなんなのだろう。
どこから来るのだろう。
誰かと仲良くなった経験をしたことがなければ
寂しいなんて感じるはずはないのです。
生まれてからずっと独りであれば、
独りなのは当り前で、寂しいなんて感情さえ
知らずにいるのかもしれない。

だから私は思うのです。
寂しいって決してネガティブな感情ではない、と。
あなたが愛されてきたからこそ、愛されていたことを
知っているからこそ感じるものなのだと。

 

寂しい夜は自分自身を労おう

誰かに抱きしめて欲しい日もある。
異性じゃないと満たされない孤独もある。

寂しくて苦しくて怖い夜は、今の自分を
今日までの自分を労いましょう。

孤独に耐えようとしている自分でもいい。
こんなモヤモヤを抱えているのに
笑顔で挨拶できたことや、1日仕事を
頑張れたことでもなんでもいいのです。

自分にダメ出ししない。
人に与えることはとても大切なことだけれど、
まずは自分に与える。
自分を満たしてあげる。

自分で自分を痛めつけてはいけません。
もっと苦しくなるだけで、
良いことは一つも生まれません。

苦しい寂しいしか考えなくなると、前に進めなくなる

私自身、独りの寂しさに不安で、家庭がある人が
羨ましくて随分長い間、苦しんできました。
もちろん今も苦しいことは苦しむことはあります。

なんでみんなは愛してくれる人がそばにいて
守ってもらえて支え合っているのに、私だけ
独りですべて背負わなければならないのだろう。

でも、苦しいと感じるのは、私が私を責めているから。
欲しい幸せを手にできないのは、私自身に
問題があるからなんだ。
自分ではあまり意識していなかったけれど
私は自分を認められず、大事にしていませんでした。
その結果、自信を失くす。

不安だから身動きが取れないし、動きたく
なくなってくる。
動けないこと、できないことでさらに自分を
責める。
こんな負のスパイラルにはまってしまうわけです。

感謝したら良くなる、というけれど
感謝って心に余裕がないとできない。
しようと思ってするものではないし、自然に
溢れてくるものだから。
自分を責めているうちは、感謝どころではないのです。

幸せになるために、すべての感情が必要

今、孤独を感じているから、大好きな人と
一緒にいられるときに大きな幸せを感じられるのです。
幸せ以外の状況を知らなかったら、
そもそも幸せが何かもきっとわかりません。

すべては表裏一体。
裏だけのものも表だけのものも存在しない。

いちばん良くないのは、感情を殺すことです。
何も感じないようにすることです。
これをしてしまうと、幸せを受け取れなく
なってしまいます。

すべての感情が必要。
幸せを感じるために、全部が必要なのです。
孤独を感じるのは、あなたに大切な人が
いる証拠。
あなたが愛し愛される関係を知っているから
こその感情。

孤独や寂しさで泣くことは悪いことではありません。
今あなたが、孤独で不安なら。
そんな自分を労ってあげてくださいね。

コメント