プロフィール

デリカシーのない男あるある

恋愛
スポンサーリンク

あなたを傷つけていることに全く気付いていない

私の彼氏はたまに凍りつくような発言をします。
でもとても優しい人です。
本人は全く悪気はない。
でも全く気付いていないことほど質の悪いことは
ありません。
つい最近まで、まともにくらって振り回されました。
でも冷静に観察していると、いくつかわかってきました。
デリカシーのない男ってとてもよく言えば
素直なのだと思います。
だからと言って許容できる範囲ってありますよね。
彼のその態度や言葉をあなたが許せるのか。
振り回されずに慣れることができるのか。
離れるか、受け入れるのか。
デリカシーのない男あるある!
クスッと笑える範囲内であればそれもまた
愛おしい部分です。

あなたの同性の友達のことをやたらに可愛いと言う男

芸能人や雑誌の中の人物ならわかります。
だけどリアルな友達のことを色々と言う男。
〇〇ちゃん可愛い、デートしたい、キスしたい。
こういうことを平気で言う彼氏。
完全アウトです。
嫌だからやめて!
言っても悪気がないので伝わりません。
まるで他人事です。
言われている相手の痛みなんかわかりません。
頭で考えるより先に、言葉にしてしまう。
悪いと感じていないので反省などありません。
涙が出るほど苦しかったり悲しく感じていても。
それが本当に辛いから、やめてと言ったとしても
このタイプには響きません。

 

人と自分の価値観や考え方は違うということがわからない

よく話を聞いてみると、本人は相手のことを思って
親切のつもりでやっていた。
でも結果として、デリカシーがないと相手
に感じさせてしまうこともあるようです。
自分にとっての正義と価値観が、相手もイコール
だとは限りません。
年齢を重ねてキャリアや人生経験を積み、
それなりの自信をつけてきたときが危ないのでは
ないでしょうか。
自分と相手の価値観は違う。
自分の考え方が正しいとは限らない。
相手と自分は見ている世界そのものが違うのかもしれない。
自分が正しいと思い始めた瞬間からデリカシーが
なくなり始めるのかもしれません。

男は女よりも鈍感

言葉を選ぶことがとても上手な人。
逆に言葉の使い方があまり上手ではないために
誤解されやすい人。
コミュニケーションが得意な人、
そうでない人。
色々な人がいます。
ただ一つ言えることは、デリカシーのない人であっても
揉めたいだなんて思っていないということ。
男性は女性に比べて遥かに鈍感。
あまりにも疲れてしまうのなら、相手との関係は
見直すべきだと思います。
でももし、デリカシーの無さをほかの魅力が
上回る相手だとしたら、その都度気長に何度でも
気づくまで教えてあげましょう。

まとめ

しかし攻撃的な人も中にはいます。
悪意のあるタイプも残念ですが一定数は
いるものです。
誰にどう思われようが関係ない。
女性を軽視する。
このタイプとは関わらない方が賢明です。
また、軽い冗談で言っていたり、周りの
笑いをとるために誰かをネタにする。
これは、なんとも思わない人もいれば、
傷つく人もいます。
私も気をつけないといけない部分ですなと
思う部分です。
もしデリカシーのない男があなたの恋人で
日々悲しいことを言われたり、傷ついている
のであれば、自分の心と向かい合い
考えてみても良いのかもしれません。
相手といて幸せなのか。
その相手じゃないとダメなのか。
恋愛は幸せじゃないと意味がないですよね。
辛いのは恋愛ではないと思います。

コメント