プロフィール

離婚する前にしておけばよかったこと

離婚
スポンサーリンク

離婚前にしておけばよかったこと

絶対的な後悔があります。
もしあなたが離婚を考えていても考えていなくても、頭の片隅に
覚えておいてください。


「結婚前のお金は黙って持っておく」ということを。

離婚するつもりで結婚する人なんてほぼいないはず。

私だって自分が離婚するだなんて1%も予想していませんでした。

これから一緒に生活していくのだから、となんの不安も持っていなかった私は
新婚生活に必要な家電を、独身時代の自分のお金で買いました。

お互いのお金はお互いのもの。
信じて、というより思い込んで疑いませんでした。

お金の話ができない相手と結婚すると苦労するかも

私はかなりのポジティブ。
それは長所でもあり短所でもあります。

いろいろ考えても仕方ない。なんとかなるだろ。
この感覚が失敗の始まりでした。

結婚が決まり、お金の話をしたのは一度だけ。

ただでさえ、関西と北海道という遠距離からの結婚。

会えば楽しい時間といいところしか見ていない。

定期預金はしている。私が知っている情報はそれだけでした。
でも若さですね。
なんの疑問も不安も感じませんでした。

なんとかなるさ。

結婚したら問題や不安はすべて解決されるものだと勘違いしていました。

幸せにしてもらおう、は勘違い

ストレスMAXでした。
人生であんなにお金の不安に飲み込まれそうになったことはありません。

思い出しても、離婚してシングルマザーになった今よりも
お金の不安は大きかったです。

今の私は収入の全てを自分で管理できます。
それだけでほっとします。

と、いうのも元ダンナはカードでキャッシングする人だったんですよね。

全く知らない引き落としが何度もあり、月の固定費の支払いができないことも。

夢にでてくるほど悩みました。

バイトを始めてしばらくして妊娠が発覚

このままではマズイとようやく気づいた私はアルバイトを開始。

バイト代を別口座に入れてなんとか自分のお金を作ろうと行動し始めました。

想像と違う。
こんなはずではなかった。

そう思いながらもまだ自分が離婚するかも知れない可能性は考えていなかったように記憶しています。

大好きな北海道を離れてきた。
大好きな仕事も辞めた。
これだけしたのだからなんとかしてうまくやらなければならない。

勿体ない精神に近いものが合ったのかもしれません。

その後、妊娠がわかり、しばらく頑張ったのですが、貧血を起こして何度か倒れ、アルバイトは諦めました。

その後、家出し、離婚調停

この時、娘は0歳。
お金がない恐怖と不安はなかなかのものでした。

働きたくても働けない。
赤ちゃんを抱えていても、出て行った私に生活費を渡すような人ではありませんでした。

最初の話に戻ります。

私は自分が離婚するなんて1%も考えていなかった。
でも、結果として離婚しました。

交通事故と同じで、自分が当事者になるだなんて考えないのが
大半の人間なのかもしれません。

でも何が起こるのかわからないのが人生。

こんなこと言いたくないけど、あなただってわからないのです。

だからうまくいっている時ほど、少し冷静に考えなければなりません。

お金はあっても困らない。
夫婦がずっと仲良くいられれば、将来あなたが独身の頃のお金の存在を伝えて
褒めてもらったらいいのです。

生活の助けになるかもしれない。
旅行に行くのもいい。

お金は邪魔になりません。

私は別所から離婚をしたとき、貯金があればあんなに不安にならなかったと
思います。
新しいスタートも、もっと違うカタチでできたと思っています。

手持ちのお金が全くなかったので、数年間、自転車操業でした。
娘の3歳の七五三もお祝いしてあげられませんでした。

何かがあったときに背負うのは女性。

稼ぐスキルか何かあったときに自分を守るためのお金。
ぜひとも考えてくださいね。

コメント