プロフィール

男性が喜ぶ褒め方

恋愛
スポンサーリンク

男性が喜ぶ褒め方

彼氏や旦那さんと円満にいるコツはやはり褒めることと喜びや感謝を伝えること。
だけど伝え方を間違ってしまうと不自然になり、逆効果になったりもします。
あるある!と頷く方も少なくないのではないでしょうか。

ではどう褒めたらよいのか。

女性から見ると精神年齢がマイナス5歳ともいわれる男性という生き物。

時には息子のように甘えさせ、時には頼りにしていると感じさせ、してくれたことに対して喜んであげる。

ここを上手に攻略できたら、パートナーとの関係はとても円満なものになるでしょう。

褒められたら誰だって嬉しい

近い関係ほど感謝を伝えたり、褒めたりすることって意外と難しい。

「あなたが○○してくれたおかげで」

このような自然な褒められ方は嬉しいですよね。
あなたのことを、自分のことをわかってくれる人だ、見ていてくれる人だ、気づいてくれる人だ、と感じるはずです。

ここで特に効果があるポイントをお伝えします。

それは

相手のいない場所で相手のことを褒めること。

相手がいない場所でT-UPをする。

これはパートナーの印象を引き上げるのと同時に、あなたの信用を引き上げます。
当然その話を聞いた人は、あなたのパートナーへの印象は良くなります。

もしかしたらあなたのパートナーに話すかもしれません。

全員がHAPPYになる循環を自然に意識できるようになると、パートナーとの関係だけではなく、あなたを取り巻く全ての人間関係が円満になります。

長く一緒にいるほど、男性として扱おう

お付き合いが長くなったり、一緒に生活するようになると
恋愛のドキドキを通り過ぎて、家族のようになりがちです。

もちろんそれはとても素晴らしいことで、すべてのカップルがそこにたどり着けるわけではない究極の関係です。

ここで少し考えたい。

女性はどれだけ年齢を重ねても女性として扱われたいですよね。
いくつになっても気持ちって変わらないものです。

母親になったち、子どもが大きくなっても孫がいても。
女性は女性。
あの頃と何も変わりません。

これは男性も同じなんです。

いくつになっても男として見られたい。
男として頼られたい。

私を含め、女性は年齢を重ねるほどに逞しくなっていく人が多い気がします笑

精神的な自立はとても大切。
精神的な自立とは、相手を尊重することでもあります。

頼りにしていることを伝え、「ありがとう」を笑顔で言い続けられる自分を目指したいものです。

結局、人間関係を制するのは素直な女性

素直さ、誠実さに勝るスキルはありません。

感じたことを素直に伝えられる女性、否定せずに相手を尊重し、受け入れられる女性がコミュニケーションの達人です。

こんなことをしてもらって嬉しかった。
あなたのそういうところにいつも支えられている。
あなたのそういうところがすごいと思っている。

素直に伝えましょう。

人生には数多くの出会いがあります。
あなたのことを好きになる人はたくさんいる。
だけどあなたが好きになる人はそんなにたくさんいないのかもしれません。

お互いがお互いを特別に大切にし合える出会い。

きっと数少ないと思います。

そんな特別な相手と、同じ時間を共に生き、笑い合って感動し合って、共感し合えることは当たり前ではありません。

一人では乗り越えることが苦しい出来事を、横に一緒にいてくれる相手。

言わなくてもわかっているだろう、なんて思わずに言葉を伝えていきたいですよね!

コメント