プロフィール

何もかも嫌になった時の対処法

今日感じたこと
スポンサーリンク

何もかも嫌になった時の対処法

離婚して13年。
当時0歳だった娘も中学生になりました。
最近でもありますが、何もかもが嫌になることがあります。
全てをやめてしまいたくなうことがあります。
あまりにも先の見えない毎日に心が折れそうになることもあります。

今まで何度もそんな経験を繰り返し、その都度乗り越えてきました。

これは過去の自分に、そして何もかもやめたくなった時、自分でも読み返せるように残すために書きます。

とにかく寝る

心が病む時。あなたも振り返ってみてください。
しっかり寝ていますか?
昨日は何時間寝ましたか?

おそらく、しばらくしっかり眠れていないのではないでしょうか。

忙しいことは有難いこと。
だけど休んでいいんです。
眠っていいんです。

疲れながら何かをしてもパフォーマンスは落ちる。
納得いく結果にならない。
その結果を見てまたモヤモヤし、自分を責める。

原因は睡眠不足です。
身体が疲れると心も疲れる。

1日の睡眠だけではなかなかすぐには改善できません。

心と身体は繋がっているのです。

SNSを見ない

隣の芝生は青く見えるもの。
ふだんはそんなことはなくても、心が弱っっている時は、他人と比べて落ち込んだりするものです。
それはあなただけではない。
私ももちろん同じだし、SNSでリア充に見えるあの人だって同じなのです。

SNSはあなたが見なくても逃げません。
心が回復した時に見て、自分の楽しみのために使いましょう。

連休をつくり、どこかに泊まりで出かける

これは私の場合ですが、朝から大好きな友達やパートナーと旅行に行く。
朝早くから出かけて、夜に戻ってくるのももちろんいいのですが、
家とは違う環境で、非日常の時間を作る。

私は普段は家での晩酌はしませんが、友達と飲むお酒に癒されます。
泊まりで飲む。
お酒の力を借りたらいいと思っています。

逃げることは悪いことではない

正面突破で乗り越えるだけが人生だとは思いません。
どうしても嫌なことはや苦しいことからは逃げていい。

すべては解釈であり、事実ではありません。

絶対に嫌なことからて徹底的に逃げるのも人生。
好きでたまらないことが見つからないときは、絶対に嫌なことを知り。
それをやらないためにどういう生き方があるのか。

ここに気づくチャンスでもあります。

数年後に思い返してみると意味のある経験になっている

出来事にどんな意味づけをするのか。
数年後、どんな苦しみも必ず過去になる。

あの経験があったおかげで、と意味付けるか
あの経験のせいで、と意味付けるかで人生は大きく変わります。

どんな意味づけをしても周りは気になんてしてくれない。

だったらあなた自身が幸せを感じる意味づけにしてしまいましょう。


今までもいろいろなことがあった。
きっとこれからもいろいろなことがある。

渦中にいる時は、ポジティブに考える余裕なんてないかもしれない。

その出来事の意味づけができるのは、明日かもしれないし10年後かもしれない。
けど必ずその意味に気づく日は来る。

今は辛くても。
その状況は永遠になんて続かない。


一体、どんな意味づけをするのか未来の自分のセンスが楽しみ。

一緒に未来の自分を信じましょう。

そして今日も明日も早く寝る!
まずは1週間、毎日8時間寝る。いろいろ考えるのはその後。

きっときっと大丈夫。あなたも私も大丈夫!


コメント