プロフィール

人生の転機に起きる現象

今日感じたこと
スポンサーリンク

人生の転機に起きる現象

結論から言ってしまうと、大きな断捨離があります。

今もしあなたが、やることなすことなぜこんなにうまくいかないのだろうと悩んでいるなら。
おめでとうございます!

次のステージに進む時が来ているということです。

断捨離と聞くと、執着していたものや自分にとって必要ではないものを手放す。
そんなイメージを持っていますよね。

しかし、このステージが変わる時に起きる断捨離は必ずしもそうとは限らない。

あなたが今まで大切にしてきたもの、信じていた人。
価値観そのものがわからなくなるような断捨離が、強制的に起きたりします。

このことを知っているか知らないかで人生のストレスって大きく変わったりしませんか?

あー来た来た!と思えるか、自分には向いていない。やめろというサインか、と思うのか。

選択は自由。解釈もそれぞれ。
どんな選択もあなたが選ぶ道があなたの人生です。

そんな私は、強制的ともいえる断捨離の真っ最中です。笑

転機が訪れる時、自信を失うことが連発する

私はなんのために生きているのか。
私は間違っているんじゃないか。

真剣にわからなくなるようなことが連発します。

これを絶対に頑張ろう!私ならできる!とリアルに想像できる時。
本気でこれやれるんじゃないかなと想像できる時。

盛り上がっている直後にそれは起きます。

「やっぱりダメかも」
自信をなくすような出来事が起きます。

何かが試しているのでしょうか。
元いた場所に戻そうとするのでしょうか。

その理由はわからないけれど、共通して誰しもに起きる現象です。

新しい場所にその荷物はいらない。
手放さないと受け取れないから置いていけ。

私はそう解釈しています。

先程、書いたように、今まさに私はこの真っ最中ですが、この流れを知っているので乗り越えられます。

もうダメだ、ではなく「到着した」と考えてみる

自我が壊れるくらいに自信をなくしそうなとき、こう考えてみてください。

到着した、と。

私は一生懸命に生きてきて、このステージをクリアした。
卒業のサインがきている。と

人生を順調そうに生きていく人、次々にやりたいことを叶えていっている人は
この原則を知っています。

このサインを感じたら、執着を手放し、フラットに受け入れ、手放し素直に進む。

変えたい、変わりたいと思っていても変わらない人は何が違うのか。

それは「先延ばしにしているかどうか」

なんとなく怖くて先延ばしにしていませんか?

人間の脳は変化を嫌います。
昨日と同じことをしていれば、今日も生きられる。
そう判断するようにできているのです。

怖い時ほど進もう

いろいろがうまくいかない時、自分の気持ちがわからなくなります。

この気持ちは不安なのか、それとも恐怖なのか。

怖い。そんなときこそ進んでみましょう。

きっとそれはジェットコースターにも似ています。
怖い怖いと騒ぎながら、乗ってしまえばその恐怖を楽しめたりする。
そんな感覚です。

人生は一度きり

眠る前に私は想像します。やらないのか

いつか必ず迎える人生最後の夜。

穏やかに眠りにつけるだろうか、と。

あの時、こうしておけばよかった。
こう伝えれておけばよかった。

そんな後悔をしないだろうか、と。

きっと私は余命宣告をされたら、急に焦ります。
やり残したことはないか、と。

だったらなぜ今やらないのだろう。
なぜ人生がまだ続くと思い込んでいるのだろう、と。

生きている限り、必ず終わる時が来る。

進んでみてもし失敗したとしても、何も挑戦しなかったとしても。
時間は同じスピードで流れていく。

いつか必ず訪れる最後の時。

あなたはどんな気持ちでいたいですか?

私は信じて前に進みたい。
人生はきっと私が想像するよりもよくできていると思うから。

コメント