プロフィール

不安で苦しいときの対処法

今日感じたこと
スポンサーリンク

不安で苦しいときの対処法

不安、苦しい、辛い。
自分だけがうまく行っていない気がして、誰もわかってくれない気がして、
自分一人この世界からいなくなっても誰も気づかない。
誰も気にしないだろう。

夜の暗さが怖くて、でも朝になり、また起き上がらなければならないと思うだけで、朝なんてこなければいいのに。

私はシングルマザーで、離婚するかしないかの頃、生きることが苦痛になるほど消耗していました。

娘が目を覚ましたら元気な私でいなければならない。

当時、娘はまだとても小さかったので夜中に目が覚めたときに
自分が泣いていることがバレることも怖い。

泣く場所もない。
一人で飲みに行くこともできない。

だからといって生活費はない。
なんとかしなければならない。

今考えると、自分のことですが、よくぞ乗り越えたなと思います。

この時間や体験は私の痛みや、もしかしたらトラウマにもなっていますが、
この時を乗り越えた考え方があるのでお伝えしますね。

時間の流れを逆にする

時間は、過去から今、未来へと流れていく。

実際そうでしょ!と言わずに聞いてください。

この頃の私は常に考えていました。

この苦しい今は、10 年後には必ず過去になっている、と。

10年後の私はきっと思い出したときにはこう言うだろう。
「まぁ終わったことだからね」と。

あれから10年以上が経ちました。
今の私は過去の自分が想像した通りのことを思っています。

今、もしかしたらこれを読んでくださっているあなたに伝えたい。

どんなに苦しいことがあっても永遠に同じ状況は続かない。
未来のあなたから振り返れば、今は過去であり、思い出になっているんだよ。

10年後も20年後もきっとあなたは生きていく。

そしてその時、気づくはず。

あの経験があったから今の私がいる、ということに。

人生はあなたが思うよりドラマチックにできている

目の前が真っ暗になることもある。

息をするのも苦しい、涙で食事の味がわからなくなることもある。

わかる。
わかるよ。

けど今は過去。

必ず思い出になる時がくる。

私たちは起きる出来事に何かの意味をつけずにはいられない。

でも、だとしたら、未来のあなたに意味付けを任せてしまおう。

未来のあなたは答えを持っている。

未来のあなたは言うだろう。

「人生ってよくできてるなー」て。

今、苦しんでいる方へ

今のあなたは答えを出す係でないだけ。

今日ご飯を食べた自分を褒めて、朝、起き上がった自分を褒めよう。

必ず今は過去になり、何のためにこの出来事があるのかわかる日が来ます。

未来のあなたを信じて大丈夫。
未来のあなたは笑いながら友達に話している。

なぜわかるのかって?

それは、10年後の私が今、こうしてブログを書けているから。

コメント