プロフィール

シングルマザーが彼氏を思春期の子どもに紹介するタイミング

恋愛
スポンサーリンク

シングルマザーが彼氏を思春期の子どもに紹介するタイミング

離婚して10年以上。
何名かの方とお付き合いしてきました。

経験から伝えさせていただくと、あなたに子どもがいることは最初に相手に伝えてください。
最初に伝えないとなかなかストレスです笑

子どもが大きければいいけれど、子どもの予定に合わせる立場の私たち。

疲れる前に最初に言いましょう。
もっと言えば、私たちは自分の気持ちだけでは決められない立場でもあります。

子どもとの相性はもちろん、お互いが受け入れられなければ、お付き合いはできない。なかなか難しいですよね。

同棲していた相手との別れ

もちろん人それぞれですが、私は離婚を経験してから、結婚の仕方がわからなくなりました。
勢いだけではできない。
結婚しようと言ってくれる相手がいても怯む。
娘がとても懐いてでも、です。

もしかしたら、自分は結婚に向いていないという失敗マインドがあったかもしれません。

4年間同棲していた相手と別れる時、娘は寂しかったと思います。
でも娘のためにという理由だけでは再婚に踏み切れませんでした。

当時、年長さんだった娘は2回目のデートからは常に一緒でした。
シングルマザーの恋愛は、まずここを理解し受け入れてくれる相手じゃないと難しい。
2人で会いたいと言ってくる相手は難しい。
子どもの気持ちをまず考えるのが私たちシングルマザーです。

母であり、1人の女性でもある私たち。

この時、娘にどう切り出そうかなと思っていたのですが、

数ヶ月が経ち、頃に遊びに来た娘の友達の一言でカミングアウトできました。

友達「○◯ちゃんのママとその男の人ってどんな関係?」

娘「パパではないよ」

私「ママの恋人で◯◯のことを大切に思ってくれている人だよ」

よかった。言えて。

口には出さなかったけど、彼も早く娘に話して欲しかったはず。

娘の気持ちと彼の気持ちと自分の気持ち。

シングルマザーが恋愛を成功させるのは一大プロジェクトですね笑

中学生くらいになると悟る

娘の恋愛話を聞く年頃になりました。
母であること、娘を大切にしていることさえ伝えていれば、母親の恋人を、子どもは受け入れられるんだなと感じています。

小さな頃より、思春期くらいの方が気を遣わずに話せました。
恥ずかしいですが、保育園や小学生の頃、わかるように話す方が難しかったです。

女であることを優先し、子どものいる場所を無くしてしまってはいけません。
逆を言えば、それができていたら大丈夫。

ご飯も一緒に食べに行く。
ショッピングなども一緒に行こうと誘ってみる。

シングルマザーの恋愛で、一番大切なのは、母と子どもの信頼関係。

子どもは自分がちゃんと愛されている安心感さえあれば、お母さんの幸せを喜んでくれるはずです。

離婚を経験したのだから幸せになろう。

愛し愛される人生。
きっとあなたにも私にも準備されています。



コメント